求職活動と失業保険の受給 内容のご紹介

求職活動をする人は年々増えていく傾向にありますが、これは、昨今の不況からくる高い失業率が原因と考えられています。

もし失業した場合は、すぐに求職活動をして新しい仕事を見つける必要がありますが、求職活動をしている間は失業保険を受給することができます。

ただし、失業保険を受け取るためには一定の条件があり、さらに、退職してすぐに失業保険の基本手当を受給できるわけではありません。

そのため、退職する前に失業保険の基本手当はどのような場合に受給できるのか、知っておく必要があります。そして失業保険の基本手当を受給するための手続きも必要になってきます。

また、退職理由には会社都合と自己都合があり、失業保険の給付日数と給付時期が異なってきますので、その点も注意が必要です。

そして、失業保険を受給しながら並行して求職活動をすることになるのですが、失業保険を受けていることで、あせらずに落ち着いて求職活動を進めることができます。

カテゴリー

雇用保険
日本の会社では社員は雇用保険に必ず加入することになっています。雇用保険は労働者の基本的な権利ですから、その制度を正しく知ることは非常に重要です。
失業保険
失業保険は退職してもすぐには支給されません。全体で6段階ぐらいの段階を経てからようやく受給されます。 支給されるまでの全体の流れを理解しておくことが必要です。
退職する時の注意点
退職を決めてから実際に退職するまでの間は、仕事を続けてはいますが、残業時間は減らしていくことになります。実は失業保険の給付額は、残業時間に影響を受けることがあるのです。
転職のよい方法
失業保険をもらいながら転職活動をする人は大勢います。転職活動を有利にすすめるためには、失業保険を活用し、同時に自分の転職する意志の確認が必要です。
求職活動のやり方
ハローワークの失業保険説明会で配布される冊子には、失業の認定となる求職活動の実績について、書かれています。これに当てはまるように行動することが必要です。
特定受給資格者
特定受給資格者の対象となるのは、従業員の自己責任が理由ではない解雇で、一方的に会社側から解雇を言い渡され離職させられた場合です。